ICUアーカイブズ沿革

ICUアーカイブズ沿革
出来事
1963年9月 史料室を総務副学長下に設置。史料の整理・保管業務、史料および一般文書の翻訳業務を行う
1987年4月 編年史室を広報課分室として開設。専任職員2名
1990年6月 『国際基督教大学創立史 ―明日の大学へのヴィジョン(1945-63)―』(&International Christian University: An Adventure in Christian Higher Education in Japan& Iglehart, C./著 日本語訳)を発行
1992年~1994年 『インタビューによるICUの歴史探訪・シリーズ(一)~(五)』を発行
1994年3月 専任職員1名、定年退職
1995年4月 専任職員(兼任)1名配属
????年~1995年 『国際基督教大学史(資)料シリーズ ?~(VIII)』を発行
1995年4月 五十年史編纂担当部署が広報課から図書館へ移される。場所は大学本館362号室(編年史室)のまま
1997年3月 専任職員(兼任)1名退職
1997年4月 機構改革により編年史業務が図書館から離れる
2000年6月 『未来をきり拓く大学 ―国際基督教大学五十年の理念と軌跡―』武田清子/著 発行
2001年9月 編年史室を大学本館362号室から図書館本館第2特別資料室へ移動
2002年3月 専任職員1名退職。資料は図書館へ移管されるとともに、資料収集業務は凍結される。資料の問い合わせについては図書館専任職員が担当
2009月年5月 大学史料室設置準備委員会が学長の諮問委員会として発足。委員長は総務副学長
2010月年9月 第2期大学史料室設置準備委員会が発足。委員長は総務副学長
2013月年9月 国際基督教大学 歴史資料室 ICU Archives & Special Collections を図書館本館1階に開設
2014月年3月 ICUオーラルヒストリープロジェクトを開始
2019月年3月 文書管理制度改善プロジェクトが発足。代表は総務理事
2020月年9月 歴史資料室をICUアーカイブズに改称。収集対象資料として歴史に係わる資料に加え行政文書を追加