内容へジャンプ

Codex Vaticanus Graecus 1162 聖母マリア讃詞集 ヴァティカン・ギリシャ語写本1162番

この讃詞集の原本は、ヴァティカン図書館所蔵のギリシア語写本の中でも、特に貴重なものとされ、12世紀頃、コッキノバフォスの修道士ヤコボスによって書かれたと云われています。ビザンティン美術において、この写本の独創性、挿画の色彩の美しさは比類ないものとみなされています。この写本は、挿絵は82点収められていますが、他の説教集とは異なり、聖母マリアの伝記的性格を備えています。マリアの両親の物語に始まって、イエスを産む直前までのマリアの純潔を証明するまでの話が六篇に分けて述べられています。この写本のファクシミリ(複製)版は国際限定版300部(うち日本版70部)が作られ、本学図書館が所蔵しているのは第223番となっています。

国際基督教大学図書館 〒181-8585 東京都三鷹市大沢3-10-2 TEL: 0422-33-3668 FAX: 0422-33-3669 Email: libraryここにアットマークicu.ac.jp

Copyright (C) International Christian University Library. All rights reserved.