ICU 国際基督教大学

ICU古本募金

ICU LIBRARY

オスマー図書館リニューアルに関して

2013年4月、オスマー図書館地階の1フロアをリニューアルオープンしました。
(図面を参照)
リニューアルに必要な費用は、文部科学省の補助金(私立大学教育研究活性化設備整備事業、2012年10月31日採択)を活用しました。
以下に詳細についてご説明します。

説明項目

リニューアルの趣旨

今回のリニューアルの趣旨は、次の点にあります。

ライティングサポートデスクと学生の多様な学習形態に対応した学習空間を展開する図書館が、利用者の減少するオスマー地階フロアに新しく快適な学習環境を構築することです。

リニューアル決定までの経緯

今回のリニューアルは、文部科学省から公布された「私立大学教育研究活性化設備整備事業」への申請がきっかけです。

本学は、今年度、文部科学省の「グローバル人材育成推進事業」に採択され、その中の一つの取り組みとしてライティング指導の強化が必要不可欠になっています。一方、図書館ではこの数年において入館者数が減少、特にオスマー図書館のPC利用者が減少する反面、グループ学習室の需要が増えグループ学習スペースの増強を検討してきました。

上記を実現するためには多額の費用が必要なため留保していましたところ、2012年7月23日に「私立大学教育研究活性化設備整備事業」の公示がありました。学長をはじめとする大学行政者と図書館とで協議した結果、ライティングサポートデスクと学生の多様な学習形態に対応した学習空間を展開する図書館が新しい学習環境の構築を申請するという結論に達しました。

補助金申請の締め切り(2012年8月22日)が押し迫っていたため、学生の皆様のご意見を直接伺う機会を設けられませんでした。しかし、この数年の図書館の利用状況や本学の教育内容を大学行政者と図書館とで精査した結果の結論であるということをご理解いただきたいと存じます。

2013年1月29日に今回申請した補助金の交付決定の通知が送られてまいりました。交付決定後に告知を予定しておりましたので、学生のみなさまへの告知が2月になってしまいましたことを。深く御詫び申し上げます。

申請時に学生や教員のみなさまのご意見を伺うことができなかったため、オスマー地階リニューアル情報を集めた専用ページ(このページのことです)を立ち上げました。今回のリニューアルは第一段階とお考えいただき、みなさまからのご意見・ご要望をもとにより良いものへと改良してまいります。このページの上部と下部に記載しているメールアドレス宛てにご意見・ご要望をお寄せください。

フロアの説明

オスマー図書館地階リニューアル図面

・ライティングサポートデスク

このたびの地階リニューアルでは、全学的な取り組みとして、ライティングサポートデスクの拡充によるより総合的なライティング指導を実施していきます。 十分なチュートリアルスペースを持つライティングサポートデスクを常設し、従来の予約制に加えて、予約なしでも指導を受けられる時間帯を拡張します。 新しいライティングサポートデスクは、「グローバル人材育成推進事業」で展開するWコース(ライティング力の育成に特に力を注ぐクラス)の運営に深く関わり、学生のみなさんのライティングスキルの向上を目指します。

ライティングサポートデスクは、デスク2台にそれぞれ椅子を4脚、チュートリアルスペース3ヶ所に各机1台、椅子2脚が配置され、合計14席になります。

・グループラーニングエリア

グループラーニングエリアでは、可動式の机・椅子・ホワイトボード付きパティションを配備する北側のエリアと、固定式机を設置する南側エリアの2種類のスペースを提供します。 可動式の北側エリアでは用途に応じて自由に家具を移動できますので、大人数によるグループワークも可能です。固定式の南側エリアは少人数のグループワークから一人での学習に適しています。

可動式の北側エリアは、椅子32脚、机19台、ホワイトボード付きパティション4台を配置します。すべて可動式です。

固定式の南側エリアは、椅子58脚、机10台を設置します。

・ブレイクエリア

オスマー地階の東南の奥まったスペースに、「ブレイクエリア」を設置します。「ブレイクエリア」は、学習に煮詰まった時にほっと一息つける場、学生 同士、教員・学生の対話の場を想定しています。この場所では飲み物を飲むことができます(詳しいルールについては館内の掲示をご覧下さい)。また、学生の みなさんのクリエイティブな活動を展示するスペースも設ける予定です。

ブレイクエリアは、3台のテーブルに各6席の座席を据える他、窓際に2台のテーブルとソファを配置します。合計24席になります。

オスマー図書館地階フロアー利用のルール

(1) オスマー図書館地階は、グループ学習優先です。会話はできますが、他の方の学習の妨げにならないようご注意ください。 (2) フロアー内では、他の階と同じように携帯電話等の通話はご遠慮ください。 (3) ブレイクエリアへの、本・パソコン等の持ち込みはご遠慮ください。

飲食について (4) ブレイクエリア以外では、飲料は、飲んだらふたをしてかばんの中にしまってください。 (5) ものを食べる時は、オスマー図書館入り口のリフレッシュメントコーナーをお使いください。

以上のことは、お互いに快適にすごし、資料や機器を良好な状態に保つために必要なルールです。ルール順守にご協力をお願いします。

貸出ノートPCについて

オスマー地階フロアにはPCを常設しませんが、インフォメーション&サービスカウンターでノートPCの貸し出しを行います。

機種: dynabook Satellite B552

OS: Windows

台数: 35台

付帯品: 電源コード

貸出場所: オスマー地階、インフォメーション&サービスカウンター

電源: 図書館の床の電源から提供

印刷方法: 貸出ノートPCは、無線LAN経由で学内ネットワークにアクセスします。無線LANなので、どこからでも利用できますが、現行のプリント代金引き落とし用プリンティング・システムへ入ることはできません。対応策として、現在、コインプリンターでの利用を考えており、できるだけ簡便な方法を検討しています。

これまでに寄せられた質問と回答

【現在の据え置き型PCよりも貸出ノートPCの台数が少なくなると、試験期直前などにいっそう混雑しませんか?】

現在、オスマー地階に設置されている据え置き型PCは、56台あります。リニューアルプラン後は、これらの代わりに、貸出ノートPC 35台を提供します。PCの台数は21台減りますが、その代わり以下の対策を講じます。

(1) 繁忙期には、マルチメディアルーム(MMR)の据え置き型PC50台を、クラスで使用されている時以外は、使えるようにすることを計画しています。MMR室内に、プリンティング・システム用のプリンターも設置する予定です。

(2) 貸出ノートPCや個人のノートPCを使用出来るスペースが、「グループラーニングエリア」だけで90席用意されます。さらに、現在のオスマー地階の机(22席)をオスマー1階の南側に移設します(利用の少なかったオスマー1階の楕円形のテーブルは撤去します)。

(3) 今後、貸出ノートPCの不足が生じる時は、台数の増加も含めて対策を検討いたします。

上記の(1)の方法で、据え置き型PCの減少分を補い、特にテスト前、卒論シーズン、レジ日のPCやプリンターの需要に対応いたします。その上で、無線LAN環境の充実に対応し、貸出ノートPCや個人のノートPCで学習できる環境を拡張する予定です。

テスト前、卒論シーズン、レジ日のご心配の点は計画にあたり検討してきましたが、すでに一部の学生の方々からご意見をいただいたことにより、今後、一層注意して適切な運営を図ってまいります。

【オスマー1階のPCの台数はどうなりますか?】

オスマー1階の据え置き型PCの台数に変更はありません。現状のままです。

【ノートPCを使用出来るスペースは設けられますか?】

貸出ノートPCや個人のノートPCは、オスマー地階の「グループラーニングエリア」全90席でも利用可能です。90席のうち、32席は可動式の椅子・机・ホワイトポート付きパティションを自由に使えるグループワーク用になります。残りの58席は、固定式テーブルで、数人、あるいは1人でも利用できる場所になっています。

オスマー図書館地階の現行とリニューアル後とでPCを使用出来るスペースを比較してみます。現行では、据え置き型PCの座席が56席、他に、木のテーブルが24席、合計80席あります。これに対してリニューアル後は、「グループラーニングエリア」90席で10席増えます。

繁忙期には、マルチメディアルームの据え置き型PCの50席が利用できます。オスマー1階の南側には、一人掛けPC用デスクを22席増設します。

このように、PCを使用出来るスペースの点では、充実が図られる予定です。

【AVキャレルやマイクロフィルム・リーダーはどこに設置されますか?】

現在オスマー地階にあるAVキャレルは、AV媒体の変化に対応・整理した上で、オスマー地階の西側に設置する予定です。また、マイクロフィルム・リーダーも同じ場所に設置します。

【OPAC検索用PCはどこになりますか?】

OPAC検索用PCは、オスマー地階フロアに入ってすぐの柱辺りに設置する予定です。

【休憩場所を設けて、PCが使える場所を狭めていませんか?】

現行のオスマー地階の休憩場所は、細長く低いテーブルが3台並び、ソファが配置されています。オスマー地階のかなりの面積を占める割には、ほとんど利用されていませんでした。リニューアル後は、椅子・机・ホワイトポート付きパティションが配置され、さまざまなグループワークのできる場所に変わります。

そして、現行の休憩場所に代えて、オスマー地階の東南の奥まったスペースを、休憩できる場所「ブレイクエリア」にする計画です。「ブレイクエリア」の面積は、現行の休憩場所の面積よりも5%あまり縮小される予定です。

【図書館の本館の方で、パソコンのキーをたたく音がさらにうるさくなりませんか?】

定期的に巡回して、他の方のご迷惑になるような騒音には注意していますが、今回のご意見を受け、実際の状況をみて本館の静寂を保つよう検討させていただきます。


図書館では、すでに、オスマー地階リニューアルについてご質問・意見等をお寄せいただいております。いただいたご意見・ご要望等は今後の運営に活かしてまいります。これからもご意見・ご要望等ございましたら、お寄せください。どうぞよろしくお願いいたします。

※ リニューアルに関するご質問・ご意見は、図書館(メールアドレスlibrary@icu.ac.jp )へお寄せください。

グループラーニングエリア

施設・機器

カレンダー

2017年3月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

 

開館時間

 10 
平日(学期中)
8:30 - 22:30
 11 
土曜日(学期中)/夏期
9:00 - 20:00
 12 
土曜日(試験期)
9:00 - 22:30
 13 
日曜日(学内者のみの限定利用日/オスマー図書館閉館)
13:00 - 19:00
 14 
学期外
9:00 - 16:30

My Library